ABOUT

岡内大三 編集者/ライター

香川県高松市出身。1982年生まれ。双子座。O型。

 

雑誌編集を学ぶために出版社に入社。2011年に辰巳出版を退社し、フリーランスの編集者/ライターに。農業、サッカー、動物、カルチャーなどのムック本や雑誌の制作に関わる。

また日本における難民問題からスピリチュアル系まで、節操なくルポタージュも執筆している。NY拠点のウェブメディアHEAPSで発表したカチン族の難民のルポは、最も反響があった記事の一つに選ばれ、難民支援協会からの依頼で難民へのインタビューも行う。2013年からニュージーランドのマオリ族の取材を開始し、当サイトなどに寄稿。今秋、地方で暮らす外国人技能実習生を題材に連載を開始予定。

 

日本犬専門誌SHI-BAでは犬の思考パターン、時間感覚、共感力、順応力、DNAなどのマニアックな行動学を研究する教授たちに取材し、くだけた文体で執筆している。記事の一部は朝日新聞のサイトでも紹介されている。

2015年に香川県にIターンし出版社からの委託業務を継続しながら、イベントの演出や台本執筆も行う。瀬戸内国際芸術祭2019DOMMUNE SETOUCHIと、青凪リトリート音楽芸術祭で「豊島産廃不法投棄事件」をテーマに、音楽と身体パフォーマンスと語りを融合させ物語を伝える舞台を公演。来春にゴミをテーマにした茅ヶ崎のフェスPACIFIC BEACHにて公演予定。

 

(過去の仕事&取引先一例)

LUKETH(編集執筆)/ HEAPS(執筆)/Be inspired(執筆)/電通(記事広告制作)/ソラト(編集-山のムック本)/RE GIRL(編集-スタリスト大森伃佑子監修)/TABILABO/日本犬専門誌Shi-Ba(編集執筆)/犬川柳(編集執筆)/朝日新聞のMEDIA shippo(執筆)/自転車日和(編集)/サッカー誌SPIKE(編集執筆)/畑道楽(執筆)/ など。